田園都市線 横浜市青葉区藤が丘で「オフィスパスチャー ココロのまきば」というカウンセリングルームをしています。カウンセリングや心理療法を行ったお客さまからの声です。

お客さまからの手紙

Nさん 20代 女性 会社員

ミカ先生、こんにちは。うっとうしい雨が続きますが、そんな気候も今の私には素晴らしく見えます。
あれから徐々に体調が良くなり、色んな事、開き直って始めています。
彼とファミレスに行ったり連泊旅行へ行ったり…旅館では朝食をおかわりしました!

今日、食べるのが怖かった自分に手紙を書きましたのでお送りします。先生、本当に有難うございました。その内、またひょっこり遊びに行くかもしれませんが^^;その辺は気楽に考えています!

食べる事や寝ること、普通に息をする事や友達や親がいること…あたりまえの幸せがどれほど大事か気づかせてくれて有難う。

どんな状態になっても、自分自身を認めてあげる事、信じることを教えてくれて有難う。

あなたが現れて本当に辛かったけど、受け入れたくなくて隅に追いやってしまってごめんなさい。

何かを伝えたい時はまた現れてもいいよ。
その都度あなたをしっかり受け入れて話をちゃんと聞くから。

あなたは、私に何かありそうな時に信号を送ってくれて私を幸せの方向に導いてくれるんだもの。

K.A 20代

絵を描いてみて、一番に思ったことは、「思っていた以上に楽しい!」と思いました。夢中になれて、時間がたつのを忘れられます。色々な技法も教えてもらえて、難しそうに見えるのも自分にもできて嬉しかったし、感動しました。楽しかったです。

匿名希望 20代 会社員

「私は出来ない人間」「ひたすら従順にしていなければならない」「皆、私を情けなく思っている」と感じていましたが、そう思って心の檻の中にがんじがらめにして閉じ込めていたのは私自身だったのだ、と初めて気がつきました。

そして、やっと重りが取れたような気がしました。これからは、自由に、なりたい私になって生きたいとおもいます。

匿名希望 20代 女性

先セラピーを受けた○○です。実はセラピーが終わったあと、ずっと効果を実感することが出来なかったのですが、あれだけトラウマのシーンを思い出すたび嫌な感じになっていたのが、思い出そうとすると当時の場面ではなくてセラピーでイメージした場面になるのです。
嫌な気持になるどころか、あれは仕方なかったなと思えるようになりました。

あと、気がついたのは、わざわざ嫌な感じを思い出そうとしていたこと。
思い出しては嫌な気持を蘇らせて、どうせ失敗するとか、すべてトラウマのせいにしていろんなことから逃げていられたんだなと思えるようになりました。はじめセラピーってどんなことをするのかと緊張していましたが楽になって良かったです。

匿名希望 20代 男性 会社員

まずあんなに素直に泣けた事(しかも女性の前なのに(^_^;))がすごく新鮮で感動しました。

催眠療法で出現した自分の子供時代の姿が今でも鮮明に焼き付けられていて、いつもそばで見守ってくれて、励ましてくれているような感覚があり、とても心強く感じています。
(あの時感じた事を反芻すると今でもちょっと胸が熱くなって泣けて来てしまいます)

セッションを受ける前は過剰な期待感があり、セッション後そんなに大きな変化がないことに多少失望感があったのは事実ですが、この一週間ほんとにいろいろな事を考えてきた中で自分でも変わったなぁと実感できたことがいくつかあります。

まず、相手の身になって考えてみるようになったことです。
ついこの間の土曜日にものすごくショックな体験をしてしまったのですが、今まではただ自分が感じたその時の嫌な記憶をずっと反芻するだけで落ち込むばかりだったと思いますが、そのときは相手の気持ちや自分の心境を客観的に見つめることが出来、多少心を落ち着かせることが出来ました。
(セッションの前半でやっていただいた手法をちょっと試してみました)

あとこれもおとといの日曜日のことですが、「他人は自分を映す鏡だ」とうい文言が突然頭浮かんできて、妙に「納得」してしまった事です。
自分を変えたいと思っていても、自分がどんなヤツでどうなりたいのかという部分がないままではダメなのでは無いかと。
他人となるべくかかわらないように今まで生きてきたという自覚症状があるので、そこを直さないといつまで経っても自分がどういうヤツなのか解らないままなのはちょっとまずいのではと。

先日のセッションの始めに伊藤さんに聞かれた「自分がこれからどうなりたいのか」にも2つくらいしか答えられなかったので、その辺も悩みどころです。

いずれにしてもまだまだ心の中が落ち着かないので、近々またお世話になろうかなぁと思案中です。


伊藤より
想定外の涙に戸惑われておいででしたね。とても感動的なセッションでしたから涙が流れるのは自然であったと思います。
けっして、あなたが特別なのではありません。

ご自身では変わりたいと願っているのに、「変わったらどうなってる?」の質問に殆ど答えが無かったんでしたね。
それに気が付いたらメッケモン!
イメージはパワフルです。イメージした方向へ気持は知らず知らずに近づいていきます。
どうぞまた「問題が全て無くなったらどうなっている」かをイメージしにいらしてください。
素晴らしい手記をありがとうございました。

匿名希望 40代 男性

先日はお世話になりました。

あれから帰宅して、翌日でしたか、何かよい夢を見た記憶があり、内容は覚えていないのですが、不思議な感覚は持続しているようです。

すぐにメール差し上げようと思ったのですが、この不思議な感覚はなんだろうと考えているうちに時間がたってしまいました。

私が見たイメージはまったく予想外のものでしたが、子供のときに迷子になった記憶は入り込んでいたかもしれません。

終始あったのは何かに守られている感覚で、ここ数日それは続いています
。 うまくいえませんが、自分の知らなかったことに気づいたという感覚があり、最近あまり驚くという経験がなかったものですから、かなり新鮮なことでした。

伊藤さんにお会いしたことも夢のような感じがあり、しかし夢であるはずがないので、またお訪ねしたいと思っています。
そのときはよろしくお願いいたします。

匿名希望 20代 女性

こんばんは。本日の夕方にセラピーをしていただきました○○です。
さきほど帰宅し、すぐにお礼を・・・と思いメールをさせていただきました。

かなり緊張してお伺いしたのですが、玄関で伊藤さんが笑顔で迎えてくださったので、安心してお話することができました。
いきなり鼻をかんだりしてスミマセンでした(^^ゞ

セラピーに関しては全く前知識がなかったのですが、そんなもの必要ないんですね!
ただ話をして、気持ちを流れに任せていたら、スーッと暖まっていきました。
今もまだ、両手の平が暖かくオレンジの光を包んでいるような感覚です。
これは気のせいではないはずっ。
帰りもオレンジ色に注目しながら帰りました。

父親のことが心に詰まっていたモノだと分かり、私の中の小さなアタシも頑張っていてくれたんだと分かり、「自分」が少しずつ、今までよりも身近な「自分」になった気がします。
(表現が上手く出来ないのですが・・・)

本日はありがとうございました。
次回は良いご報告ができると思います!(気が早いですか?!)
楽しみにしていてくださいっ!!

匿名希望 30代 主婦

カウンセリングの中で、自分が人を受け入れていなかったことに気いたのが大きな発見でした。
それも自分がアダルトチルドレンだからなんだろうけど、まず自分から人を受け入れていこうと思うようになりました。

Mさん 20代 女性

伊藤先生、こんにちは。先日は貴重な時間を過ごさせていただき有難うございます。

アダルトチルドレンは悪いものだと信じて疑うことがなかった私には、伊藤先生のカウンセリングは目から鱗が剥がれ落ちるものでした。
なぜって、「アダルトチルドレンの良さを見つけてみましょう」とおっしゃったんですから。そんな事、今まで考えたことはありませんでした。
アダルトチルドレンに良いところなどあるわけが無いと思っていました。

でも、いろんな方法でイメージしていくと、自分の嫌な性格や行動の裏側には、ちゃんと私が好きになっても良いと許してあげられる、良い性格や行動があるってことに気がつけました。
今までたくさんの本を読んでアダルトチルドレンを克服しなければと苦しんできましたが、こんなに簡単にクリアできたのは先生のおかげです。

今は、もっともっと、あるがままの自分自身を好きになってあげたいと思えます。
ほんとにほんとに良いきっかけを下さったこと、感謝しています。

匿名希望 20代 女性

先日は有難うございました。

セッションを受けて、自分が思うよりも、他人は他人を気にしてはいないと自信が付きました。
今までも、そうだとわかっていたけれど、こんなに身にしみたことはありませんでした。

匿名希望 30代 女性 派遣社員

セッションを受けて2日経ちますがいろいろなイメージや言葉が頭に浮かんできます。

右手にのっていた「黒くて冷たくてぴかぴかのとがった石」は私の心でした。傷つくのが怖いのではなく、寂しいのを、甘えたい自分がいるのを他の人に悟られるのが怖かった馬鹿にされたくなかった、私の心だとわかりました。

それは人ではなく自分を、自分の心をすごく深く傷つけていたのですね。
(人に傷つけられていると思ってたのに)それともうひとつ、私は「自分がどうしたら幸せになれるのか?」ではなく「私は○○だから幸せになれないんだ」と幸せになれない理由を一生懸命探し、考えていました。
それが自分の心をぼろぼろにしていたんですよね。
すごく悲しいけれど、それ以外のすべは今までの私にはなかったのだと思います。

今浮かんでくるイメージを忘れないようにノートをいつも手元に置いています。

匿名希望 20代 女性 夢に向かって勉強中

いとうさん、お久しぶりです。
2月27日に3回目のセッションを受けたKazueです。

あの時は本当にありがとうございました。
祖母に言いたかった事。ずっと心の中に積もっていた言葉を祖母に伝える事ができて本当に嬉しかったです。なんだか救われた感じがしました。

涙もいっぱい出ました。でも、祖母は全部知っていたみたいです。
私の言いたかった事や、悩みも全て・・・。

いとうさんと祖母と一緒にその悩みを探っていたところ凄く不思議な感じがしました。
檻の中に閉じ込められているのにそれに触れてみると何も感じない。
それどころかすり抜けてしまう。なのに私は檻の中に閉じ込められていて、苦しくてたまらないと思っている。
いままでに感じたことの無い感覚に正直、戸惑いました。
そのうちにそれは『私が過去へ戻りたいと強く強く想い、自分を縛り続けている想い』だと気が付き、はっとしました。

『過去に戻りたい』というカタチの無い物なだけに私はそれに触る事も出来ません。
「それはあなたを縛り付けるだけの映像、ホログラフィでしかないのね」と伊藤さんに言われた時、私は自分で自分の事を縛り付けているんだなと深く感じました。
「そばにその檻を写している映写機はない?」と伊藤さんに言われると私の隣で映写機がカタカタと音を立てて檻を写していました。

私はいとうさんと祖母の力を借りてその映写機を壊そうと一生懸命にハンマーで叩き続けました。けれども映写機は叩いても叩いてもなかなか壊れてくれません。壊れたと思ったらまた直ってしまうのです。
けれど、何度か叩いているうちに暗い世界から少しずつ太陽と青空と草原が現れてきて私の心に光が差し込んできました。しかし、映写機はまだ私の邪魔をします。
いとうさんに「その場所に何か別の物を置いてみよう」と言われ、私は迷わず、祖母の大好きだったフリージアを植えようと思いました。そして、フリージアを植えてみると少しずつですが心が安らぐ感じがしました。
澄み渡る青空に太陽、草原、少しずつ数を増やしていくフリージア・・・なんだか穏やかな気持ちになっていく気がしました。

いとうさんが「おばあちゃんが少しずつあなたの体から抜けていくよ。行くべき場所へ戻って行くよ。」と言われ、ありがとうの気持ちでいっぱいになって涙が溢れました。そして最期に私は祖母と約束をしました。
『私はこの草原にフリージアをいっぱい咲かせて幸せになるからね』と。

そして自分に次の言葉を言い聞かせました。
『私は過去には戻れません。戻りません。私はこのフリージアと自分の好きなクローバーを咲かせ続けて幸せな未来へ歩いていきます』と。

最期にいとうさんに「何処にフリージアを植えたい?」と聞かれたので「胸の中」と答えました。
いとうさんは「それでは、フリージアとクローバーを胸の中に植えましょうね。それはあなたをいつも元気付けてくれます。幸せにしてくれますよ。」言いました。
そして私はフリージアとクローバーを胸の中に植えました。とても温かな感じになりました。

いとうさん、本当にありがとうございます。
今でも苦しくなると、私は胸の中のフリージアとクローバーを思い出し、それをエネルギーにして日々を過ごしています。

(*:Kazueさんには問題そのものを障害物としてイメージしていただきました。
Kazueさんはこのお客様の声をご自身がお読みになり悩んでいるのは自分だけではないんだと感じられたそうです。これから、このHPを読む方にも自分の体験をお話したいと、ご自身のセッションの模様を事細かに手記としてお寄せくださいました。ありがとうございます!伊藤)

拓海さん 20代 男性 大学生

こんにちは。昨日セラピーを受けさせていただきました、拓海です。
悲しみとも辛さとも違う、ほのかにあたたかい涙があれだけたくさん出たのは、ほんとに久しぶりで嬉しかったです。

過去の辛い思い出を葬った後の灰を土に返したとき、「どうかその土が愛する人の口に入りますように…」その言葉を聞いて、涙がとうとうと流れました。今思い出してもこみ上げてきます。
セラピーを終えて外に出たときは、自信に満ちあふれたというか、体が軽くなった感じでした。
今でも少しだけですが、自信や希望のエネルギーがひしひしと感じられます。
実は家に帰る途中に、死への恐怖が浮かんできたんですが、フォーカシングをしてみたら、少しだけ和らいだような気がします。自分で自分を認めることがあまりなかったので、フォーカシングは僕にとってはとてもいいものなのかもしれません。

中略

なにかありましたら、またお邪魔します。
ハーブティー、とてもおいしかったです。また来たときには、同じものをいれて頂けると嬉しいです。
本当にありがとうございました。

有香莉さん 30代 女性 会社員

伊藤先生こんばんは。
2度目のセラピーを受けてまだ10日ほどしか経っていないというのに、ずっと前の出来事のような気がするのです。
うまく表現できませんが、私の中にセラピーを受けたことがすっかり入り込んでいる、といった感覚です。
その後日々考え方が変わってきている、と感じるのと、自分にとって大切なことに気付くことが増えたように感じます。
一番驚いたことは自分がかわいい、おもしろいと思うようになったことです。

私の中ではすごい革命だと思っています(笑)。
だって、今まで生きてきて自分を卑下してばかりいたのですから。

これって自分の中にある「幸せ」の感覚なんだと思います。
先生、導いてくださってありがとうございます。
これからもつまづいてしまったら寄らせてくださいね。
感謝をこめて。

SACHIさん 19歳 女性

なんだかいっぱい話してる自分。
なんだかいっぱい泣いてる自分。
え〜?こんなのワタシじゃないと思いつつ・・・
なんだかとってもすっきりした。

なんかわからないけど・・・
先生。最初の涙はきっとワタシが泣きたかったから出た、しぼった涙。
でもね、最後の涙は泣きたくないのに流れたのがわかったよ。なんだか静かに暖かかった気がしたんだ。

そうか、これが癒しなんだね。

紘子さん 20代 女性

私はこれまで自分で無意識に背負ってきたものに押しつぶされそうになっていました。
幼いころからの親への憎しみ、許せないという思い、大人になってからも自分がしてきたことの全てに後悔し自分までも許せず、拒食・過食・自殺願望に苛まれ自分を傷つけてばかりでどうしようもできず絶望する毎日でした。
そんな姿は家族や友達にはみせることができず、それでもなにかに救いを求めたい想いでいっぱいでした。

そして幸運にも『ココロのまきば』のHPを見つけ何度も考え、勇気を出して伊藤先生にお会いしたことを今でも鮮明に覚えています。

先生は優しく私の話を親身になって聞いてくださり、実際にセッションを受けて自分では全く予想もしていなかったたくさんの私が次々に現れて本当に驚きました。

私は映像も感覚も本当にクリアに感じられて友達にも「スゴイんだよ!!」と鼻息荒く語ってしまったほどです。帰り道では何か今までずっしりとのしかかっていた鎧が外れたように心が軽くはずんでいました。

その後も何度かまた落ち込んでは元の自分に戻りそうになる度にいとう先生に話を聞いていただいて、現在は生涯を通じてやっていきたいと思える仕事に出会い、日々頑張っています。
あの時−つい一年前−いとう先生に出会えていなかったら、今こうして前を向いて歩いている自分になることはできなかったと思います。

伊藤先生からいただいた言葉のひとつひとつが私の一生の宝物です。
感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
       
紘子

都さん 30代 女性 会社員

日曜日はありがとうございました。はじめて会ったのに素直に色々話せてうれしかったです。

自分はすごく寂しいんだと素直に認めていいんですね。肩の力が取れた気分です。
30年の習慣はすぐには変えれませんが、これからは自分の気持ちに素直になろうと思います。

その後、カギで木の箱を開けてみたところ、白い光が上に向かって出てきました。
悪いことは示していないと思いますが...

話は変わりますが、日曜日の朝、不思議な体験をしました。8年前に亡くなった祖父が夢にでてきて、子供のころ住んでいた実家の外で私と妹を呼んでいるのです。
でも二人とも聞こえていたにもかかわらず、それには答えなかったので、祖父は雨の中、寂しそうに帰っていくのです。それを祖母(まだ元気です)が慰めているのです。
ふだん私は夢を見ると覚えていないのですが、鮮明に覚えています。
 
その夜、母に電話したところお盆に母の実家に帰るので、急遽休みを取って一緒に行くことにしました。
母の実家は岩手県なのですが、遠いのと、自分がもう大人になってしまった理由とかで、亡くなってから一度もお墓参りに行ってなかったので、きっと祖父も寂しがっていたのだと思います。

長いメールになってしまいましたが、早くいい人が見つかって幸せになりたいです。

りかさん 30代 女性 派遣社員兼主婦

いとうさんお元気ですか?お会いしてからあっという間に3週間くらい経とうとしています。

今までは重い体と心をひきずって、最低限のことしかやらない日々。
自然と生活もすさんで心もすさんで、悪循環そのものでした。
自覚はしていて頭では理屈でわかっているつもりでも、なかなか抜け出せなかった私。
それが、お会いしていっぱいお話をして涙を流して、セッションを受けたその日から、自分でもびっくりするくらい変わったんです。

まず、ちゃんと食事を毎日作るようになりました。玄米とまではいきませんが、雑穀ごはんとシンプルなおかず。そして、家族と一緒に食べること。
普通の人にはあたりまえのことが、今まではほんとにできなかった。けれど、それが何の苦もなくできるようになったんです。
毎日のお弁当もかかさず持っていくようになりました。他の家事もそうです。
日々の家事で体を動かすことが楽しくなるくらい変わった自分にほんと驚いています。
おかげで体重も自然と落ちてきていて嬉しい限りです。

あとは、ギャンブル(パチンコ)ですが、あれから全くやりたいという気持ちが起きません。
前なら仕事の帰りとかでもフラフラとつい打っていたのに、今ではトイレを借りに入っても、ぜーんぜんなんとも思わないんです。お財布から万札が一挙になくなることはもうありません。ほんとに私、変わりました。

長々と書いてもなかなかまとまらないくらい、うれしいことがたくさんありすぎです。
別々だと思っていることも、ひとつのことがスムーズに行くと、連鎖反応のようにすべてに繋がっていくことを実感した日々でした。

まだまだ物理的に解決していかなければいけないことが山積しています。けれど、今の私ならきっとできる!そう信じることができます。
セッションを受けて得られたたくさんのこと、言葉にし尽くせませんがずっと心に残っています。

理屈ではわかっているけど、過去の自分に縛られて立ち止まっていた私。
背中をポンって押してもらいたかったんだと思います。
未来の私の姿、心に焼き付けてこれからも前に進んでいきます。

いとうさんに出会えて、とても感謝しています。また状況をメールしたいなと思います。
ほんとに、ほんとに、ありがとうございました。

みほこさん 39歳 女性 派遣社員

私の悩みは仕事でした。40を間近に、長年派遣社員として勤めた会社の体勢が変わり、契約を打ち切られ、職を失ったのですが、自分の歳を考えるとこのまま仕事が決まらなかったらと焦りました。

早く次を見つけなければと、会社を選ぶ事をせず紹介された会社に派遣されましたが、仕事にも会社にも馴染めず、着任してからまだ一月にも満たないというのに、辞めたい辞めたい、でも辞める事は許されないと頑張り続けていました。自分は甘えているのだと、いけないことだと思ったのです。

誰にも相談できず、本当に辛かった。毎日毎日、頭も胃も痛くて、食べたものを吐き出してしまうし、家族を心配させたくないから、余計明るく振舞ったり、こんな経験をしたことは初めてだったから、本当に不安でした。私が私でなくなるような恐怖がありました。

そんな時、心の扉のホームページを見つけました。誰かに話を聞いてもらいたくてカウンセリングを受けることにしたのです。

私ばかりがえんえんしゃべり続けて、こんなに話すことがあったのかと驚きました。一時間半はあっという間でした。私が一息つくと、先生は、座っていた席を離れて私に言いました。
「ここにね、あなたと同じような悩みを持った人がいると思って、なにかお話してあげて?出来ればやさしくね。」
誰も座っていない椅子に向かって話しかけるなんて出来ないと思ったのですが、私の口から出た言葉はな意外にも「泣き言いえなくて一人で頑張っていて偉いよ。でも辛いよね。
そんなに辛いなら辞めたらいいよ。あなたを必要とする会社は絶対ある。辞められないなら、カウンセラーに愚痴を聞いてもらうんじゃなくって、派遣会社と企業に言わなきゃ居心地は変わらないよ。
相談したら最善の道がひらけるかも」そう言っていました。

その通りだと自分の言葉を信じることが出来たような気持ちになりました。それを自分の口で言えた事で、私の辛さは激減しました。
でも、先生のカウンセリングを受けなければ、決していえなかった言葉だったと思います。

おかげさまで、あれから、結局その企業は円満な形で辞めさせていただくことが出来ました。そして、ちゃんと私にとって居心地の良い企業にもめぐり合え、私はいま毎日心地よい忙しさを得ています。
カウンセリングを受けることがなかったら、今でも憂鬱を抱えて、周りの人にも不快な気持ちにさせて最悪だったでしょう。感謝しています。ありがとうございました。

私がこの感想を書こうと思ったのは、どこかに私と同じ悩みを持つ人がいると思ったからです。
コレをよんだ私とよく似たあなた。あなたも自分に話しかけてみるといいのではと思います。きっと先生はそのお手伝いをしてくださいますよ。

Tさん 20代 主婦

伊藤先生(先生でいいのかしら?)へ。
こんにちは。あれからすぐに感想を書こうと思ったのですが、大きな事を言ってしまった手前「あーでもない」「こーでもない」と下書きに下書きを重ねてたら、ふと、何やってんだか・・・と笑ってしまいました。
サイトに載せられるような文章を考えるより、先生にお礼言うのが先でした。
本当に有難うございました。感謝してもしきれないくらいです。

んー、そうだなぁ。一言で言うならよーやっと、よーやっと自分を傷つけて「可哀相」と相手から同情を得る事で自分を認めてもらおうとする、その全ての企てから手をひくことができました。

思えば、(これは漫画の受け売りですが)約30年生きていて、嫌な事たくさんあったけど、いいことがひとつもなかったわけじゃない、と。

最近思い出す昔の思い出は、笑っている時の方が多いようです。変わった事も多々ありまして。寝る前の想像展開ストーリーも実は昔からやってたんですが、以前はやたら設定が暗かったのに、最近はやたら幸せな物語だったりします。

ですが困った事に、最近は楽しい事を考えだすとすぐ寝てしまうんです。(苦笑)不眠症と嘆いていた自分は何処にいったのかしら?1ヶ月前の事なのに。途中で起きて(しかもトイレくらいの理由でしか起きなくなりまして)さぁ、お楽しみの時間が!!・・・ぐぅ。
素晴らしいです。ビバ!自分!!寝たりないのか、昼寝もできる素晴らしさです。(笑)

後、最近はじめて自分の口癖に気がつきました。今まで本当に自分に関心がなかったのかなぁ。びっくりしました。降り注ぐ太陽の日差しは眩しくて、そして暖かく、久しぶりに降った雨からは穏やかな静寂と仄かな懐かしさを感じます。生きてるって何て素晴らしいんだろう。そう思う事しばしばです。

それもこれもいとう先生のおかげです。これが運命と名のつくものだとしたら、私はその運命にすら感謝したい気分です。
(今までだったら、絶対自分の運命のろってたな・・・)
本当に、本当に有難うございました。

深い感謝の気持ちを添えて。

Fさん 30代 家事手伝い

私がセラピーを受けたきっかけは、自分の行動に鬱とよばれる症状があらわれたのではないかと思ったためでした。

会社で人間関係のトラブルを起こし、それが原因で会社を退職しました。すこし休んで落ち着いたらまた働こうと考えていたのですが、友達にいろいろと相談にのってもらっているうちに、どんどん自分がひどい人間、他人に全然優しくない、自分勝手でダメな人間に思えてきてしまい、精神的にすっかり追いつめられてしまいました。

自分がどうしようもなくひどい人間、ダメな人間であるために、会社でもトラブルを起こして辞めることとなってしまった、また、そのために周りの人たちを無意識のうちにたくさん傷つけてきてしまったのではないかと思うと、自分が情けなくて、悲しくて、こんな自分が生きているのが申し訳なくて、子どものように声を上げて泣くばかりでした。
起きあがって何かをする気力もすっかりなくてしまい、食事もまともにとらず、ただ日がな一日寝てばかりいるという日々が続きました。すこしのことでも落ち込んでしまい、簡単なことすら決められず、ただ泣くか寝るかのどちらかしかできないのです。

自分でもさすがに、これはおかしい、私は病気だと思いました。このままの自分ではいけない、なんとかしなければいけないと、自分を変えることを真剣に考えました。しかし病院へ行く勇気もなく、困り果てていたところ、インターネットで偶然この「ココロのまきば」に出会い、セラピーを受けてみることにしたのです。

いとう先生とお話をさせていただくと、とても心が安らぎました。同時に不安にもなりました。先生は、私の話を聞いてなにひとつ「それは違う」「ダメ」というようなことはおっしゃらないのです。私は今まで自分の考え方や生き方が間違っており、自分がダメな人間だと思い込んでおりましたので、「違う」「ダメ」「あなたはここが悪いからなおさなければいけない」などと言われないことが逆に不安だったのです。

自分がダメな人間だとすっかり思い込んでいる私に、先生は根気よく「そういうありのままの自分を認め、受け入れる」ということを教えてくださいました。また、私の話からいろいろなアドバイスもくださいました。催眠療法や、様々な質問を私に投げかけることで、私の中で私自身が持っている悩みの解決法をすこしずつ引き出してくださいました。

五回のセラピーを終えた今、突然悲しくなって大声で泣いたり、一日中寝てばかりいるようなことはもうありません。たまに失敗して、やっぱり自分はダメだなあと思うこともありますが、以前のように思いつめたりすることはなくなり、では次はこうしようと前向きに考えられるようになりました。

このセラピーを通じて、悩みの解決法は自分の中にあることを確信させてくださったいとう先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

Wさん 30代 家事手伝い

最後のセラピーが終わってから、二週間がたとうとしています。そのあいだ、ちょくちょく気持ちが落ち込むことはありますが、以前ほどひどい状態になることはなくなり、あれだけ不安定だった気持ちも、今ではとても落ち着いています。

たまに気持ちが落ち込んだ時も、蝋燭が燃える様を思い出したり、先生と一緒に見つけた自分自身のイメージを思い返しては心を落ち着かせて物が考えられるようになり、以前のようにパニックになったり、「自分はダメな人間なんだ」と思い込んで落ち込むようなことはなくなりました。

まだまだ思い悩んでいる途中ですが、今まで「自分はダメだ」という道しか知らなかった私に、先生は、それ以外の道があるということを示して下さいました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

Yさん 20代 ネイリスト

お店に出るようになって、遠いけど楽しいので『ネイル好きなんだなァ』って実感してます☆

彼のことは、いままで変えることができなかったアドレスを変えれたコトが、ほぼ整理ができた証拠(?)だと思っています。
この結果に納得できたコトも、ネイルの道に進む勇気が持てたコトも、センセのおかげです。ありがとうでいっぱいです (*^-^*)

センセは私に、生きる力を与えてくれました。

Mさん 20代 会社員

私は今日のセッションを終えた後不思議な気持ちがしています。しかめっ面をしていた私の昔の写真が、どうも愛しくなってきて、、、。

私、自分の弱い部分を守ろうと必死だったんだな、と思います。いつか、私のおばあちゃんの人格が、か弱い、ひ弱い、大事にされたいうさぎのような私の性格を、粉雪のように優しく見守ってくれればいいな、と思います。

Wさん 20代 会社員

雪も降って冬らしくなってきました。いかがお過ごしでしたでしょうか?年末になり落ち着いてきたので、感想文をかくことができます。

私は先生(勝手に先生と呼んでます、、)にたくさん感謝することがあります。家庭内の問題で悩んでいましたが、それ以上の効果を感じることができました。

自分が変われば、他人も変わるのだと、心の奥底から実感することができました。本当の意味で、他人を思いやる気持ちが芽生えたかもしれません。

それに家族以外でも、こじれていた友達との関係もうまくいくことができました!今は問題がなさすぎて少しとまどうくらいです、、。

感謝します。自分の人生で一番のうれしい出来事の連続でした。

良い年末を。それでは!

優香さん 29歳 会社員

先週はありがとうございました。

まだ多少考えてしまったりすることもありますが、自分の悪い思考パターンをやめる努力をしながら、少しずつ前に進んでいます。ずっと自分を責めてばかりでした。

来た甲斐がありました。本などで前向きなものに触れるだけと、実際セラピーを体験するとでは大違いです。

先生もこれからもがんばってくださいね。本当にありがとうございました。

匿名希望 30代 理学療法士

いとう先生、 昨日までの3回のセラピー、本当にありがとうございました。
 ”これで大丈夫”という自信はまだありませんが、少しずつ、半歩でも前に進んでみようと思います。

”私の人生なのだから主導権は私にある”ということに気づかせて頂き、明日への不安が軽減したような気がします。そして、先生が紹介してくださった、NLPやフォーカシングについて、少し勉強してみようかなとも思っております。

それでは、これから段々と寒くなっていきますが、お体に気をつけて、一人でも多くの方々を救って頂きたらと思います。
本当に ありがとうございましたはありがとうございました。

匿名希望 30代 主婦

悩むこと・困ったことがあっても以前より、あせったり、不安になることが少なくなりました。
「困った! 原因はいったい何なんだ!!」と考えるより、「困った! さあどう対応しようか?」と考えられるようになりました。これも美香先生のおかげです。ありがとうございます。

真由美さん 20代 主婦

今回の私の鬱になった原因は、自分でも全くわかりませんでした。私は結婚5年目で幸せでした。ある時からなんとなく体が動かなくなり、やりたい事や気持ちはあるのに全く何も手が付けられなくなりました。

今回、そこでどうして伊藤先生のところへ行ったかといいますと、『今度こそ本気で治したかったから。』『もう今後二度とこういう病気で悩まされたくないし、家族に迷惑をかけたくなかったから』という気持ちがきっかけでインターネット検索をしたからです。

実は私は結婚前に精神科の先生に入院を勧められるほどのノイローゼの診断を受けたことがあります。結局、その時は自分の意識のない所でリストカットをしてしまいました。その後環境の劇的変化や自力で治そうという気持ちもあって、よくなり今に至るのですが、その時のノイローゼの原因は明白かと思われました。

付き合っていた彼の酷い束縛と暴力。

今となっては、何でその時そこまでされてそんな人と別れられなかったのか彼に問題があってノイローゼになったのではなく自分に問題があったからその人と別れることが出来ず結果的にノイローゼになったのだと思います。

そして今回原因不明の鬱症状になり、とりあえずまた精神科のお医者様の所に行きました。それは、治そうという気持ちではなく、お薬をもらって楽になろうと言う気持ちです。前の経験から言って、精神科で自分の病気が治ると私は思っていません。お薬を頂いて一時的に楽になりますが、それは治るのとは違いますよね。通っているうちにどんどん強い薬を処方され、自分でもコントロールがきかなくなり私の場合は、ますます悪くなっていきました。薬無しでは生活できなくなっていったのです。

今回も1週間分のお薬を頂きました。そのお薬を飲んだ日から1週間おきに生理が来てそれが3ヶ月以上も続きました。1週間のお薬をもらいその間に何か他の治療法はないものかとインターネットで検索したところ、伊藤先生のページを見つけたのです。 本当の事を言いますと、最初は興味本位でした。伊藤先生の所で、自分が今回鬱になった原因を探し解明したら自力で治そうと思っていました。一種の占い感覚とでもいいましょうか・・・。

しかし、1度先生の所を訪れた時から今まで知らなかった、忘れ去られていた自分の記憶が溢れてきて、結果、3回のセッションを受け「私はもう2度と鬱やノイローゼにはハマらない」と自信を持って言える様になりました。

忘れ去られていた過去(私が忘れ去っていた過去はセラピー事例のグリーフワークと言う所に先生が書いて下さっています)今でもそんな過去が自分にあったとは全て信じられないような思いですがそれは確実に私の口から語られた真実でした。そして、そんな自分を知った今私はやっと自分に自信が持てるようになり鬱やノイローゼになりそうな自分と本気で決別する事が出来ました。

伊藤先生には本当に感謝しています。3回のセッションを受けましたが2回目からは先生に会うのがすごく楽しみでした。暖かい微笑みを絶やさないそんな先生ですがそんな中で静かに親身に私の言葉や気持ちに耳を傾け冷静に対処して下さり、安心して自分を打ち明ける事ができたと思います。

その3回のうちに先生は色々な事を教えて下さいました。それが、今でもとても役に立って私の毎日を支えています。
また、先生にお会いしてお話がしたいですが、残念な事に、3回のセッションで私はすっかり良くなってしまいまた、自分で出来る対処法も教えて頂いたのでもう先生の所に行く理由がなくなってしまいました。
でも、たまにこのサイトを見ては先生の独り言を聞いて勇気をもらっています。

薫さん 27歳 会社員

伊藤先生のセラピーを知ったのはインターネットを通じてでした。

会社にいても、さほど忙しい訳でもなく、6年目なのに全く変化の無い仕事内容が嫌になっていたこともあり、会社に遅刻することが頻繁になっていました。将来も見えないし、もしかしたら私このまま腐っていってしまうのではと、怖くなったり。職場に行くのが苦痛で、遅刻する度に周りがあきれている気がして、自分がもっと嫌になる、の繰り返しでした。

人間関係においても、普段は抑えている分、怒りをぶつけてしまったりして、何度も大切な関係を壊してしまい、それに対する後悔で自分を批判し、結果、いつもモヤモヤしていました。夜も眠れず、頭痛やイライラが止まらないので、精神科に通いましたが、軽く「鬱ですね」と言われたり、薬を使った治療に不信感を持っていたこともあって、色々調べた挙句ヒプノセラピーに辿りいついたのです。

いくつかのHPを回りましたが、女性のセラピストで料金の制度で2回目以降に強制がなかったのと、受けた方々の声が自分に共感できたのが決め手だったと思います。

訪問の日、どんな先生なのか、何を言われるのか等、多少緊張していましたが、先生の暖かい雰囲気と入れて下さったハーブティーで少しずつ安心していきました。自分の悩みを毒を吐く様に話した気がします。涙は出っぱなし。なぜか安心して泣けました。セッションでは、子供の頃の自分と海で遊んだり、昔住んでいた家で両親に会ったり、会社に行って言いたかったことをぶちまけたり、とてもスカッとしました。同時に、自分が何を感じていたのか、何をいいたかったのかが分かり、すっきりしました。両親から厳しいしつけを受けていて、それも引きずっていたつもりが、彼らに対する気持ちがやわらいでいった気もします。

その次のセッションまでの間、会社の後輩に対して明るく声をかけられたり、少しずつ変化があったので、先生にお話したところ、「そう!それは良かった!!」と、私以上に喜んでくれたので私も嬉しくなりました。その回では、お酒と上手に付き合える様になるためのセラピーを受けました。お酒を飲みすぎて、今までさんざん自己嫌悪になっていたので、なぜそんなに飲みたくなるのか、自分の分身に聞いてみると、今まで言えなかった理由が少しずつ出てきました。淋しい気持ちや、怒りの感情がわき出てきても、出すことを許されていなかった為、どこにぶつけていいか分からない。もう一方では親に自分の存在をアピールしたがる自分がいる。それが大人になった今でも抜けず、お酒で楽しくなったり、荒れたりして自分の存在を分かってもらおうとしていた。でも、このセッションを通して、もうそんな事をしなくても十分自分の存在を周りに認めてもらえる、という確信を持てたので、それからは楽しい、美味しいお酒を少し位しか飲まなくなりました。

2回目以降から母親や親しい友人から「何か変わったね」「やわらかい感じになった」と言われるようになりました。不思議なのは、自分と両親と、自分のお酒の関係だけ、セッションで解決したつもりが、他の事に関しても自分が変わり、周りも変化していったことです。大勢の集まりでも心から楽しめて、ダラダラではなく、自分の中の優先順位に従ってせいかつできるようになったり、色々と良い事が起きていきました。

その事をお話しすると、先生は、「もうあなたは治っているから、今日は自分の未来を見に行きましょうか」と、提案してくれました。いつも「どんな自分に将来なりたいか?」という質問には、迷った挙句「弁護士になりたい」とか「学校の先生」とか言っていましたが、自分のどこかで「そうなのかなぁ」とモヤモヤした気持ちがありました。そして、セッションをして明らかになったのは、意外にも自分には好きな人と結婚して、子供を産んで、主婦になりたいんだ、ということ。周りの意見や期待に答えようとして今まできたけど、自分が何を望んでいるのかがはっきり分かり、自分の将来が楽しみになりました。

「悩んでいるということは、問題は解決にむかっているということ」と、先生に言われた事を思い出します。以前は、悩みを持っている自分を否定していました。でも、今は、悩むのも悪くないんだな、と気軽に思えるようになりました。自分に優しくしたら、だらけてしまうと思っていたけど、セラピーを通して、自分の事が好きになれて、他人に対しても、感謝でき、他人と関わることも楽しくなれます。

他にも挙げればキリが無い程、沢山の嬉しい変化がありました。これも、伊藤先生との出逢いのおかげです。毎回入れて頂いたハーブティーの味、Jazzを聴かせて頂いた時初めて味わった感動、「すみません」ではなく「ありがとう」の気持ちを大切にすること、鏡の中のもう一人の自分、3回目の最後に先生が私の為に泣いてくださった時、私も一緒に泣いてしまったこと、全て死ぬまで大切に心の中にしまっておきます。

最後になってしまいましたが、伊藤先生、本当に有難うございました!

匿名希望 30代 主婦

学校に行かなくなってしまった子供が学校に、行けるようになる催眠を掛けてもらおうと思って行ったのに、「子供に学校に行けるようになる催眠?それは無理。私にはそんな事出来ないです。小さな子供に催眠は必要ないですよ。お母さん、よく子供さんの話を聞いてあげて。そうすれば大丈夫よ」と、言われて、正直、何でなのよと思いましたが、子供はいつも催眠状態のようなものだからと聞いて、学校に行かせるのは無理かと思いました。
けれど先生が子供と話をする姿を見ていたら、自分に足りなかったものが分かってきた気がしたんです。夏休みに入ってしまったから、新学期から学校に行くかどうか分からないけど、学校に行かなくてもいいや、その間に沢山話をきいてやったらと思えるようになりました。
気持ちに余裕が出てきた感じをご報告したいと思いました。

くろみつちゃん 23歳 女性

ヒプノセラピ−の勉強をしている友人が「ヒプノをすると凄く身体も気持もリラックスできるんだよ」と話してくれたこともあって、ヒプノセラピーに漠然と興味を持っていました。今回、伊藤セラピストに出逢えるチャンスに恵まれ、こうしてセラピーに参加することが出来ました。

「無理に見ようとしないでください。そういう時は想像してみてください」と伊藤セラピストがおっしゃられて、「見る」「見えない」というものではないんだな、と思いながら催眠の中に入っていきました。実際、私は「見る」というよりも「感じる」といった方が近いような感覚になっていました。自分が想像しているのか、勝手に感じていることが動いているのか、その境界が非常に曖昧なところでどんどん物語が展開していきました。

私には、心の住人が4人いました。人というのか?小人?コロボックル?そんな男か女か分からないようないきものたちです。一人はただ笑っているだけの人。一人はいつも怒っている人、一人は物凄く不幸オーラを背負っている人、一人は岩で出来た人。

岩で出来た人は、残りの3人からあまり好かれていません。でも私は彼が物凄く気になって、そして物凄く愛しく感じました。そんな岩の人が、「一緒に蒔きを切ろう」と誘ってくれて,2人で一緒に切りました。切っているうちに岩の人が男の人だったと気付きます。切り終えて、彼と一緒にベンチに座ると物凄く満たされて、しあわせな感覚になりました。
   
彼は、「馬になりたい」と云い出して、私はその馬にまたがり、森を抜けていきます。森を抜けると、大きな谷にぶつかりました。これ以上、進めないかと思うと、大きな橋が目の前に天に向って伸びていきます。橋が、空に届くと、私たちはもう自由に雲を超えて、虹を超えて、夜の世界を越えて行きます。そしてその馬に羽根がはえて、ペガサスとなって最後には黄金の国まで乗って飛んでいってしまいました。

私は目の前にあることを、少しずつ少しずつ探りながら、自分の生きたい方へ生きていきたい、生きていこうと思う「自分を生きる思い」がしっかりと根付いて、私のなかで呼吸をしていることに、とても自信がもてました。また体験をしたら、今度はどんな物語が私に展開するのかたのしみです。

くろみつちゃんは「特に悩みは無いけれど、ヒプノセラピーを体験したい」と、私に会いに来てくれました。
話し合いの結果、「サブパーソナリティー」を体験していただきました。「不思議の国のアリス」よろしく、聞いている私も楽しいストーリーを展開してくれました。本当に催眠にかかっている間中、くろみつちゃんは楽しそうでしたよ。

りえさん 20代 女性

私には長年悩んでいたことがありました。その悩みを解決しようと自分なりに努力をしてきたつもりですが、いつも失敗に終わり、その度に「きっと治ることはないのだろう」とあきらめかけていました。しかし、悩みがだんだん大きくなり、それに伴い自分がどんどん変わっていくのを感じ、耐えられなくなっていました。そんな時に催眠療法という文字を目にし、「もしかしたら…」と一筋の光が見えました。

そこで私は、インターネットで催眠療法を行っているところのホームページをたくさん開きました。思っていた以上にたくさんあり、どう選べばよいか悩みましたが、先生自身が深く悩んだ経験があったこと・セラピーが1回単位であったこと・女性専用であったこと(注)から、“こころの扉”を選びました。そして、催眠治療に不安があったため、メールで相談をしてみたところ、私の悩みについて真剣に考えてくれており、「必ず良くなる」と言ってくれました。これを読んで私は、「“こころの扉”を信じよう!」とセラピーを受けることを決めました。

予約を入れてから予約日になるまでは、常に催眠治療という未知なものへの不安を感じていました。しかし、当日になり先生に悩みを聞いてもらっていると、悲しみや今まで誰にも相談できなかった悩みを聞いてもらえるという喜びから、涙がたくさん出てきました。緊張していたこともあり、うまく話せませんでしたが、先生はとても優しく、私の話をちゃんと聞いてくれました。いざセラピーを受けると、「これで本当に催眠にかかるのだろうか。」と疑問を持ってしまいましたが、かかっていることに気づいたときには、喜びと感動を感じました。

私の治療は2回で終わり、本当に悩みが解消されていました。それにより、以前より明るく元気になり、ものの考え方にも変化が起こりました。今は喜びと先生への感謝でいっぱいです。もしあの時、催眠治療を受けてみようとひらめかなかったら、“こころの扉”に決めていなかったらどうなっていたのだろうと考えると、この2日間は私の運命を変えた大切な2日間だったと思います。先生に出会えて本当によかったです。

注、現在、男性のご相談も承っております。

匿名希望 20代 女性

私は伊藤先生のセッションを2回受けました。受ける前と後では全く違います。昔から、明るさと元気、乗りで友達と付き合ってきました。周りからは強いや悩みなんてなさそう、うらやましいと言われ続けていました。

けしてそれを嫌だとは思いませんでした。そんな自分をいいとも思っていたから。けど、たまにとてつもなく不安になるし孤独を感じるし寂しいし。でも静かになったりなんかしたら相手にされないのかな?なんて考えていると周りから言われているキャラを一生懸命作っていた気がします。一年前、ずっと付き合っていた彼氏と別れたのを気に私は少しおかしくなりました。

それは、今までためていた寂しさが爆発したんだと思います。自分を寂しがりやとか、弱いと認めるのが嫌である意味ひねくれていたから。(周りにはバカ正直といわれています。)そして私は精神科に通うようになり自分が嫌で嫌でたまらなかった。そんな自分を友達、親に見せた時すごく怖かった。誰もいなくなるんじゃないかと。

でも誰もいなくならなかった。心配してくれたし励ましてもくれたし泣かせてくれたから。それを一年よくなったり悪くなったりしながら生活してました。でもどこかですっきりしない自分がいてどうにかしたかった時にここを見つけました。

なんかもやもやする自分や一人になると寂しくて不安に襲われて。お酒や男友達で紛らわせている自分を。何が原因だったのか、すごいはっきりしたわけではないけれど、小さいときからの親への寂しさや甘えたい気持ちがそうだったんだとわかったし、何より頭が本当に軽くなりました。長年の頭痛からも開放されて本当に気持ちがいいです。何をやっていても自信がでてくるし楽しいし、自然に笑顔が出てきます。

何よりも感情があるんです。この一年私には感情なんてなかった。笑顔は作れても心からなんて出ないし。それが今は違う。安定はしてるし色んな事を感じられるし頭でしっかりと考えることも出来るから。

もし悩んでいる人がいたら行ってみてください。伊藤先生は最高です。そしてこんな最高な自分も大好きです。

先生。文章が苦手でうまくは書けないし言いたいこと全部は伝わっていないかもしれませんが書いてみました。先生にほれましたよ。普通にお茶とかしちゃいたいくらいに。もっといろんな人が元気になることを祈っています。
 

めぐみさん 23歳 会社員

〜1通目〜
今日はありがとうございました。すごく自然に笑顔が出てきます。よくわからないけどなんか嬉しくてワクワクしていてって感じです。 もう一度うけてみたいですね。一体何が自分を責めていたのだろうかと思います。頭の中や胸の中のもやもやがスッキリしてきた感じです。

〜2通目〜
今日はびっくりするくらい顔が自然に笑顔でした。
今までなら性格とキャラ上笑顔でいたけどなんかたまにひきつっているような。
人の前でしか出来ないような。あんなに自然な笑顔になれているのが嬉しかったし気分が違います。みんなにメグは幸せと伝えたいくらいです。

そして会社もさらに楽しいです。女の人ともたくさん話せましたし何も気にならなかったです。色んな事をたくさん話したくて。もちろん先生にも。

色んな感情が出てきて人が愛しい、気分が落ち着く、自分が大好きで肯定できて自信がもてる。今まではメグがみんなになつくから相手にしてくれてると思っていたけど、今はメグだから相手にしてくれるんだって考えられました。

先生、はっきり言って催眠療法を受けるのは迷ってました。悪い意味で安定している自分は行ってもいーものなのか、生活出来ないような人や本当に恐いもの、原因がないとダメなのか。私は今本当に生きたいって思えました。一年前の傷だらけの腕を思い出したらすごく自分がかわいそうで愛しくなりました。

ともみさん 21歳 大学生

元気にならなきゃ。元気にならなきゃ。なんとかしなくちゃ…。そんなせっぱ詰まった思いでネットサーフィンをしていた私が偶然見つけたのが「ココロのまきば」のでした。

今までカウンセリングを受けたことなんてないし、催眠心理療法なんてはっきり言って怪しいし、「ココロのまきば」という名前もウサンクサイ。 何度も何度もHPを見直して、騙されるかも、という不安ももちながら、それでもなぜかこのHPに惹かれメールで予約をしました。

伊藤先生はあたたかい雰囲気を持ち、ちょっぴり(?)茶目っ気がある人です。
センスの良い部屋でハーブティーをいただきながらまずはカウンセリングを受けました。もちろん私は初め緊張していたし、鬱状態で落ち込んでいるしでお茶にも手がつけられないし、先生の顔もろくに見ることはできません。
それでも伊藤先生は優しくあたたかく、ゆっくりと私の話を聞いてくれました。

そしていよいよ催眠。心地よいソファーに横になり、先生の声をききながら目をつぶり深呼吸からゆっくりと催眠状態へはいっていきました。しっかり意識はありました。外を通る車の音も、鳥のさえずりも聞こえます。そして先生のことばにそって、イメージの世界を膨らませます。
私の心の奥にいたもの。なんだったと思いますか?
深い深い穴の先にいたのは、小さな小さなネズミでした。
その小さなネズミは、好奇心旺盛で楽しいことが大好き。でも、ずっとこの暗い穴の中に一人でいたそうです。私はそんな自分の心の奥にいたネズミと出会い、一緒に海を見に行きました。そして今そのネズミは、もっと大きく強い動物、ライオンに姿を変えて私の心の中にいます。 自分の心が楽しいことや好奇心を望んでいたなんて、全然わかりませんでした。
ましてやネズミが出てくるなんて!私は早く鬱状態から抜け出したい、ただそれだけで。

本当は自分の心なんて見てなかったのかもしれません。ヒプノセラピーを通して私が最後に流した涙はとてもあたたかい涙でした。
今まで流してきた冷たい涙とは違う。私が本当の「私」に気付いて、そしてまた生きていける、がんばろうと強く思って流した涙は、本当にあたたかで、そして静かに流れるものでした。
終わった直後私が発したことばは「すばらしい!」でした。まさかこんな体験ができるなんて夢にも思わなかったから。私はカウンセリングだけでは今のこのすがすがしい気持ちはもてなかったでしょう。
ヒプノセラピーと言う自分の力で自分を癒していくものに出会えたから、今の自分があると思っています。
まだまだこの先悩むことも迷うこともあると思いますが、それでも私は「私」とともに生きていける。私は今この伊藤先生のヒプノセラピーを世界中の人に大声でお勧めしたいです。本当に悩んでいるなんてもったいない。自分で自分を癒す力は、きっと誰にでもあると思うから。

全て読んで下さったあなたへ…

最後まで読んで下さって有難うございます。お越しくださるクライアントさんのほとんどが、「お客様の声このページを読んで感動しました」とおっしゃいます。そう、この「お客様の声」が、私のHPの看板なんですねええ!次にこのページを増やすのは、もしかすると貴方かも!!