田園都市線 横浜市青葉区藤が丘で「オフィスパスチャー ココロのまきば」というカウンセリングルームをしています。催眠療法(ヒプノセラピー)について詳細をご紹介しています。

催眠療法(ヒプノセラピー)

T、催眠療法(ヒプノセラピー)における偏見と誤解

あなたは催眠療法(ヒプノセラピー hypnotherapy)にどんなイメージをお持ちですか?

魔法や呪術のようなオカルテックなもの
意識を失っている間に気持ちを操作されてしまう
どんな問題や悩みも解消される万能なもの
霊能者のような特殊能力者が行っている
なんとなくあやしい

実はこれら、私が催眠療法を体験する前に抱いていた催眠療法のイメージなのです。

こういったイメージを持った切欠はテレビによる影響です。その頃、テレビでは、タレントを催眠にかけるというショーが頻繁に放映されていたのです。

内容は大抵、こんなものでした。

会場に集められた芸能人は、催眠術師の指示によって、指揮者になったり、一心不乱に踊り狂ったり、隣の人に熱烈な求愛を行ったり、犬になったり猿になったり。

さんざん面白おかしい様子を見せながら、催眠術師が催眠を解き素に戻る行為を行ったとたん、彼らは「え?え?」と今まで行ったことを全く覚えているふうもなく、あっけらかんとしているのです。その光景は本当に滑稽で、そして芝居じみていました。
私は「催眠にかかっているフリをしているに違いない。」そう思いました。

ショーはまだまだ続きます。

多くの芸能人はテレビの画面を通してみても酸っぱい唾液がこみ上げてくるようなレモンを、いきなりガブリと丸かじりし、「甘い、美味しい!」とむしゃぶりついているのです。
催眠術師が彼らを素に戻すと、彼らの味覚は正常に戻り、「うええええええ」と渋い顔をする芸能人の姿。

そんな姿を見るにつけ私は、「いくらなんでも、レモンのような酸っぱい食物を、これほどたくさんの人間が甘い、美味しいと食べるのだろうか。味覚を変えるほどの暗示があるなら、あのテレビの中の出来事は、本当に起こっていることなのかもしれない。」と思ったのです。

当時の私には、悩みと解決したい問題があって、てっとり早い解決方法を模索していました。「もしも、催眠で、この生きづらさがなくなるのなら、やってみる価値はある・・・。」確かに私はそう思って心理療法と催眠療法の門を叩いたのでした。

けれど、催眠の実際は、やはりテレビで繰り広げられていたものとは全く違うものでした。

テレビで行われていた催眠は「ショー催眠」といって、心理療法の中のひとつである催眠療法(ヒプノセラピー)は全く非なるものだったのです。

催眠はオカルテックな現象ではなく、科学的に確認可能な現象ですし施術者に霊能力が備わっていることは全くその技量に関係ありません。
意識を失っているどころか、その意識ははっきりとしており、深く考えごとをするのに適した状態であり、考えたくないことは考えないし、操られるようにしたくないことをしてしまう事もありません。また、ある意味非常に残念ですが、クライエントの被暗示性によって、向き不向きがはっきりしている療法であると言えるでしょう。

そして、これはとても大事なことですが、ヒプノセラピーを受けている間の記憶も残ります。折角、自己内面に気づきを得ても、忘れてしまっては元も子もないではないでしょう?

ですから、催眠療法(ヒプノセラピー)に、冒頭で列挙したイメージと同様にお考えの方は、どうぞご安心ください。同時に、「催眠療法を受けたなら悩み苦しみから解き放たれるに違いない」と、お考えの方は、期待を裏切って申し訳ないけれど、そのファンタジーから抜け出していただく必要があるのです。

きちんとした心理学を学んだものによる心理療法としてのヒプノセラピーは、あやしいものではないのです。

U、催眠(ヒプノシス)と催眠療法(ヒプノセラピー)の実際

〜「オフィスパスチャー ココロのまきば」で行うヒプノセラピーとは

さて、前置きが大変長くなりましたが、ここからはもう少し掘り下げて、催眠(ヒプノシス)と、催眠療法(ヒプノセラピー)の解説をいたしましょう。

催眠(ヒプノシス hypnosism)は、「選択的な注意集中のもとで、一連の言語および、その他の暗示によって引き起こされた意識の変容した状態や現象」と定義されています。

もう少し、食べやすい言葉にすると、選択的な注意集中とは、例えばセラピストの言葉による誘導によって、集中力が高まり、外の騒音やその他の考えがまったく表に出てきていない状態といえます。

と、書きますと、自分以外の誰かによってしか催眠に誘導されないと思われるかもしれません。けれど、私たちは一日に数回、オートマティックにこの催眠を体験しているはずなのです。

例えば、起き抜け、ぼ〜〜〜っとしている時、電車に揺られてウトウトしている時、好きなことに没頭している時、酔っ払い状態、お風呂につかって「ふぁあああ」なんて言ってる時、眠る前・・・。ほら、あなたも体験したことがあるでしょう?良いアイデアがピ〜〜ンとひらめく寸前なども催眠に陥っているものです。

近代の催眠療法(ヒプノセラピー)は、1960年代にミルトン エリクソン(Milton Erickson 1901-1980)の業績により発展しました。それは従来の古典的な催眠技法とは全く異なった技法によるものです。その特徴は、クライエントの欲求や認知の枠組みなど、個別的な特徴を利用し、物語や比喩を巧みに使い、間接的な暗示を駆使し、目的を達成するというもので、このメソッドは後に、バンドラー、グリンダーによって家族療法、ゲシュタルト療法と合わせて研究され、NLP(神経言語プログラミング)となるのです。

催眠によって、心身が非常にリラックスした状態となっているクライエントは、イメージ力が非常に活性化され、内面との対話がしやすくなりますし、肯定的な暗示も受け入れやすいコンディションになります。

セラピストは、クライエントのその状態をふまえ、クライエントのイメージする作業がはかどるように言葉による誘導を続け、クライエントはセラピストの誘導に沿って、心の中で、クライエントが問題として注目する過去のエピソードなどをイメージするのです。 イメージは、個人の持つ表像システムによって、ビデオを再現するような視覚的なイメージの強い人、映像には依存せずストーリーで構成される言葉的なイメージの強い人、映像や言葉にも依存しない体感覚で感じる人など、まさに様々です。

いずれの場合にも、セラピストは、クライエントがイメージの中の自己、あるいは登場人物に対して、メッセージや教訓、アドバイスを与えるなどして、クライエントが普段なら受け入れられないような感情を受け入れたり、心の傷を癒したり自己成長を促すように言葉による誘導をします。催眠状態では、肯定的暗示が潜在意識に届きやすい状態をセラピストは積極的に利用し、肯定的な暗示を含んだ誘導をする。こうしたプロセスが、問題の解決につながるのです。

また、人間の心は10%の表層意識と90%の潜在意識(無意識)でできているとされています。その境には、クリティカルファクターという心のカーテンがあり、二つの意識は仕切られており、普段は行き来がありません。そうです。私たちは、たった10%の表層意識をもって日常生活を営んでいるのです。私たちが無意識にする癖や、行動パターンはこの潜在意識に蓄えられた幼いころからのすべての記憶に所以することが多いといいます。しかし、催眠にある間は、この境目がなくなり潜在意識が活性化し、表層に出現しやすくなります。

潜在意識は、現実世界とイメージの世界の区別ができないので、イメージの中で、解決された出来事をあたかも現実のように受け捉えます。逆に、意図的に望ましいイメージを思い浮かべることは、潜在意識にメッセージを送っているというとこになるのです。 このメカニズムが催眠療法による問題解決のカラクリなのです。

「オフィスパスチャー ココロのまきば」では、上記でご説明をしてきたエリクソン催眠と呼ばれる催眠療法を行っています。催眠療法には、いろいろな筋書きをある程度定めたセッションがありますが、私は、台本を持たず、あなたのイメージに応じた、暗示誘導文を即興で構築し、オーダーメイドのセッションを提供します。

効果を期待できる問題の一例と、メリット、デメリットを下記に挙げておこうと思います。
これから催眠療法を体験なさる方は、ぜひ参考になさってください。

こんな人におススメします

人間関係(職場、恋愛、家族、友人)の改善緩和
うつ状態改善緩和
心身疲労の改善緩和
睡眠習慣の改善緩和
不安やパニックの症状改善緩和
依存行動の改善緩和
虐待の加害行動改善緩和
自責の念の改善緩和
やる気の向上
ショックやトラウマからの解放
執着やこだわりの解放
癖や習慣の改善緩和
仕事・転職の悩み
自律神経失調状態をつくる原因の追及
病傷以外の心因的な肉体の不調改善緩和
失恋、離婚、死別の後のメンタルケア
コンプレックスの改善緩和

などなど・・・。

代表的なメリットとしてあげられる点
・ 心身が非常にリラックスした状態となり、リラクゼーションの効果が高い
・ 潜在意識にアプローチできる
・ 肯定的暗示が潜在意識に届きやすい
・ イメージ力が非常に活性化され、内面との対話がしやすくなる
・ 表像システムが視覚イメージ(視覚イメージ力が高い)の人には有利な療法
・ 各種心理療法とのコラボで効果が高く期待できる
・ 問題がない人にも、エンターティメントとして楽しむことができる

代表的なデメリットとしてあげられる点
・ クライエントの被暗示性 イメージする力が成功のカギ
・ セラピストの力量(誘導文を即興で話せる構築力や、クライエントの表像システムを見抜く力、臨機応変に対応する力など)が成功のカギ
・ 視覚イメージの弱い人には不利な療法といえる
・ じっくりやると、所要時間はたっぷり一時間以上。時間がかかる。

カウンセリング&心理療法

90分〜120分
\15,000_(税込み)

ご自身の悩みを解決したいとお考えの方へ。
セッションの流れ 30分〜60分はあなたのお話をゆっくり聴かせてください。
その上で、各種心理療法(催眠療法以外のフォーカシング、NLP、ゲシュタルト療法など)を織り込んだワークセラピーをすすめます。
カウンセリング&各種催眠療法

120分〜180分
\20,000_(税込み)

ご自身の悩みや問題を催眠療法(ヒプノセラピー)によって解決したいとお考えの方へお勧めします。
セッションの流れ 30分〜60分はあなたのお話をゆっくり聴かせてください。
必要に応じて、フォーカシング、NLP、ゲシュタルト療法など各種心理療法のワークをします。
その後、どのようなヒプノセラピーを体験したいのかなど、あなたのご希望を伺った上で、どのような催眠療法(ヒプノセラピー)セッションができるかをご提案し施術に移ります。

ご注意:お車でお越しの方への催眠療法はお薦めできません。
その理由は、個人差はあるのですが、人によっては催眠を解いた後も暫く空想に落ちやすくなる為です。
運転中に万が一の事があっては大変です。安全を守るため、お車でお越しの方への催眠療法施術はお断りさせていただきます。何卒ご理解をお願いいたします。
オプション レイキヒーリング

20分
\1,000_(税込み)

上記までの各種カウンセリングのコースのオプションです。
レイキヒーリングは、椅子に座ったまま、服を脱がずに受けていただくハンドヒーリングです。
ご希望の方には、レイキヒーリングをセッションの前または後に施術します。
オプション アートセラピー

20分〜30分
\1,000_(税込み)

上記までの各種カウンセリングのコースのオプションです。
ご希望の方には、セッションの流れの中で1枚を描いて頂きます。