田園都市線 横浜市青葉区藤が丘で「オフィスパスチャー ココロのまきば」というカウンセリングルームをしています。心理療法のクライエント中心療法についてご紹介しています。

クライエント中心療法

クライエント中心療法(=来訪者中心療法、来談者中心療法:Client-Centered Therapy)とは、アメリカの心理学者、カール ロジャース(Carl Rogers 1902 - 1987)によって創設された心理学の一派であるロジャース派の提唱するカウンセリングメソッドです。ロジャース法とよぶ人もいるくらい、一派の代表的なメソッドと言ってもよいでしょう。

クライエント中心療法の手法は、非常に単純で明解といっても良いでしょう。それは、クライエントに「このセラピストは自分の味方だ。私の世界をそっくりそのまま受け入れてくれる。
私が何を言っても否定しないで聞いてくれる」という人間関係を体験させることによって癒されてゆくと考えてそれを実践するのです。

セラピストは、クライエントの話を、根気よく聴き、肯定し、受け入れる、傾聴と共感を繰り返していきます。セラピストは、決して意見やアドバイスを致しません。その中で、自分がセラピストにありのままに受け入れられた経験を通じて、クライアントは自分自身をありのままに受け入れられるようになってゆくのです。
それは、クライエントの自発的な問題解決を待つカウンセリングといっても良いでしょう。

クライアント中心療法は、クライアントとの間に信頼関係を築くために、カウンセラー、セラピストには必須のメソッドです。多くのセラピスト養成学校では、たいてい初めに、話の聴き方やカウンセリングマインドというものをクライエント中心療法を通して学びます。それはクライエント中心療法が、カウンセラー、セラピストのクライエントに対する基本姿勢の象徴だと考える者が多いという表れではないでしょうか。
しかしながら、「ただ話を聴き、クライエントの自発的な解決を待つ」という手法のみでカウンセリングを進めた場合、クライエントの問題解決にかかる時間は、非常に長期となるケースがほとんどです。カウンセリング期間が長期になるということは、ただでさえ、重く苦しい悩みの期間を引き延ばすだけでなく、クライエントの心身的な部分だけでなく、時間や費用の面にも負担はかかります。
ですから、「オフィスパスチャー ココロのまきば」では、あなたとの信頼関係を築くというクライエント中心療法の基本姿勢を忘れない中で、問題の輪から飛び出せるような積極的な質問、イメージを使ったワーク、催眠によるイメージ誘導など、各種心理療法を組み合わせて、できるだけ早い期問であなたが問題の解決ができる事を目指しています。

カウンセリング&心理療法

90分〜120分
\15,000_(税込み)

ご自身の悩みを解決したいとお考えの方へ。
セッションの流れ 30分〜60分はあなたのお話をゆっくり聴かせてください。
その上で、各種心理療法(催眠療法以外のフォーカシング、NLP、ゲシュタルト療法など)を織り込んだワークセラピーをすすめます。
カウンセリング&各種催眠療法

120分〜180分
\20,000_(税込み)

ご自身の悩みや問題を催眠療法(ヒプノセラピー)によって解決したいとお考えの方へお勧めします。
セッションの流れ 30分〜60分はあなたのお話をゆっくり聴かせてください。
必要に応じて、フォーカシング、NLP、ゲシュタルト療法など各種心理療法のワークをします。
その後、どのようなヒプノセラピーを体験したいのかなど、あなたのご希望を伺った上で、どのような催眠療法(ヒプノセラピー)セッションができるかをご提案し施術に移ります。

ご注意:お車でお越しの方への催眠療法はお薦めできません。
その理由は、個人差はあるのですが、人によっては催眠を解いた後も暫く空想に落ちやすくなる為です。
運転中に万が一の事があっては大変です。安全を守るため、お車でお越しの方への催眠療法施術はお断りさせていただきます。何卒ご理解をお願いいたします。
オプション レイキヒーリング

20分
\1,000_(税込み)

上記までの各種カウンセリングのコースのオプションです。
レイキヒーリングは、椅子に座ったまま、服を脱がずに受けていただくハンドヒーリングです。
ご希望の方には、レイキヒーリングをセッションの前または後に施術します。
オプション アートセラピー

20分〜30分
\1,000_(税込み)

上記までの各種カウンセリングのコースのオプションです。
ご希望の方には、セッションの流れの中で1枚を描いて頂きます。