田園都市線 横浜市青葉区藤が丘で「オフィスパスチャー ココロのまきば」というカウンセリングルームをしています。心理療法の中のブリーフ・セラピー|短期療法のご紹介です。

ブリーフ・セラピー(短期療法)

ブリーフ・セラピー(短期療法:Brief Therapy)とは、できるだけ短期に人の問題解決を行うカウンセリングメソッドです。ブリーフ・セラピーは1960年代からアメリカを中心に発展していきました。携わる心理療法家も多く、研究グループがいくつかあり、主要なモデルは「問題志向」「問題(症状)機能志向」「解決志向」と、3つに分かれます。
この3つをざっくりと二つに分けると、「題に焦点をあてて問題の解決を目指す」モデルと、対照的に「問題の解決に焦点をあてて解決を目指す」モデルだといえるでしょう。

ブリーフ・セラピーにおいて、問題解決とは、問題行動そのものが無くなることではありません。ここで言う問題解決とは、「新しく何かが構築されること」なのです。
クライエントにとっての「より良き未来の創造」と言ったほうが適切かもしれません。

「より良き未来の創造」を見出すために、あえて、従来の問題の解決でうまくいかなかった事や、問題の所以となる人間関係の連鎖を考察し、そして、過去の不成功を振り返って、問題の解決に、今何が使えるかをクライエントは発見できることを目指したり、逆に、「すべてうまくいったらどうなっている?」といった質問を使って、クライエント自らが、今迄に試したことのない具体的な行動を発見できることを目指すのです。問題と解決どちらに焦点を当てても、具体的な方法の構築に神経を注ぐという点は同じです。

ブリーフ・セラピーで一番大事なのは下記の三カ条です。
・ うまくいっていることを、そのまま続ける
・ うまくいっていないことは止めて、別の行動を起こす
・ うまくいくまで、いろいろな行動を試す

上記の三カ条を信じ、これらを続けていけば、多くの人は必ず変化への方法を見つけます。
見つけただけではなく、やってみるのが大事なのです。

カウンセリング&心理療法

90分〜120分
\15,000_(税込み)

ご自身の悩みを解決したいとお考えの方へ。
セッションの流れ 30分〜60分はあなたのお話をゆっくり聴かせてください。
その上で、各種心理療法(催眠療法以外のフォーカシング、NLP、ゲシュタルト療法など)を織り込んだワークセラピーをすすめます。
カウンセリング&各種催眠療法

120分〜180分
\20,000_(税込み)

ご自身の悩みや問題を催眠療法(ヒプノセラピー)によって解決したいとお考えの方へお勧めします。
セッションの流れ 30分〜60分はあなたのお話をゆっくり聴かせてください。
必要に応じて、フォーカシング、NLP、ゲシュタルト療法など各種心理療法のワークをします。
その後、どのようなヒプノセラピーを体験したいのかなど、あなたのご希望を伺った上で、どのような催眠療法(ヒプノセラピー)セッションができるかをご提案し施術に移ります。

ご注意:お車でお越しの方への催眠療法はお薦めできません。
その理由は、個人差はあるのですが、人によっては催眠を解いた後も暫く空想に落ちやすくなる為です。
運転中に万が一の事があっては大変です。安全を守るため、お車でお越しの方への催眠療法施術はお断りさせていただきます。何卒ご理解をお願いいたします。
オプション レイキヒーリング

20分
\1,000_(税込み)

上記までの各種カウンセリングのコースのオプションです。
レイキヒーリングは、椅子に座ったまま、服を脱がずに受けていただくハンドヒーリングです。
ご希望の方には、レイキヒーリングをセッションの前または後に施術します。
オプション アートセラピー

20分〜30分
\1,000_(税込み)

上記までの各種カウンセリングのコースのオプションです。
ご希望の方には、セッションの流れの中で1枚を描いて頂きます。